映画・舞台・DVDのネタバレ感想!

内容を知っている方だけどうぞ。ネタバレで感想や評価を書いています。たまに批評・解説になっちゃっているところもあり。評判は一通り書いてからチェックしています。

12モンキーズ.11.明かされる真実/ラムゼがこんな主要人物になっていくとは

バブル期の東京。CGなのかセットなのかわからないけど、間違いのない日本語看板と町並みでした。

キーワードとしては「12モンキーズ」って出てくるんだけど、相かわらず実態が出てこない。

ラムザは2043年側のキャラクターだと思ってたけど、こんな風になってくとは。

 

 

今回のタイムマシン

 

1987年

東京へ。おお、確かに東京だ。少なくとも日本だ。バブル期だ。海外に変な印象を与えてくれるな。この時代はもう終わってるよ。ディスクこのど真ん中に生体サンプルなんてもってくるな!

 

1988ー1995年

 え?ラムゼは何年も刑務所に入ってるの?因縁つけてきた角田信朗さんっぽい人の日本語が片言だったけど、まあしょうがないってことで。日常で「ひととき」なんて使わないよ。

ラムゼが日本語と孫子を覚えました。

そして組織の中に。

 

2011-2014年

 ムラヤマに接触。

 

2015年

 これまでのストーリーを陰から追う。

ラムゼが敵にいる。なぜムラヤマが先手を打ってくるのかコールが理解した。

 

2043年

ラムゼが主人公の巻でした。

殺される直前のコールを2015年に送った。結果、コールを失ったらしい。

カタリーナは何もかも失っていく。それでも研究所に残る。

「運命に縛られてちゃ希望は持てない。私の死に場所はここよ」

研究所にはカタリーナ一人。

 

用語

タイムマシン

ちゃんと動かない。ちょいちょい違う時代に転送される。その間違った時代で何かやらかして時代にいった証拠を残し、2014年の人に気づかれて、コールが時間遡行できることを10分程度の説明で信じてもらえる。ちゃんと動かないところが話を進めるのに便利。

ウェスト7の襲撃で故障し、 短いジャンプはできなくなった。

その後、壊れて、よそで使ってたものをぶんどってきた。二代目。

スプリンターに乗るための薬は残り少ない。

 

2043年

科学研究所

人類を死滅に追い込んだウィルスを研究している場所。

  • ジェームス・コール
    主人公。過去と未来をいったりきたり。
  • カタリーナ・ジョーンズ博士
    上層部の一人。なんだなんだでコールの味方。
  • ラムゼ
    コールの親友。最近意識に違いが出てきている。
  • マックス
    コールの元カノ。ウェスト7に父を殺されたけど、生きるためにウェスト7に入る。なので”信者”じゃないよ。4話の襲撃の時にウェスト7を抜ける。
ウェスト7

スカベンジャー(愚連隊ってこと?)。コールやラムザがいたところ。

  • ディーコン
    200人を超えるウェスト7を仕切るリーダー。教祖に近い

娘たち

サルの紋章をつけた女性たちだけの集団。

だいたいの人はそこに住んでいるらしい

 

2015年

  • カサンドラ・ライリー
    主人公でありツッコミであり事情説明担当。カサだからキャシー?
  • ジェニファー・ゴインズ
    映画で言うブラピ。すでに12モンキーズを組織しているのか、これから作るのかさえ謎。

 

組織:ムラヤマ

なぞの名前の由来はエージェントの眉毛が村山元首相に似てるから。

どうやら時間遡行できる未来人っぽい。

  • 青白い男
    村山さんに似ている人。このブログではムラヤマ
  • エージェント
    ムラヤマの部下。2014年タヒチでは5にんぐらいいた
注目記事