読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画・舞台・DVDのネタバレ感想!

内容を知っている方だけどうぞ。ネタバレで感想や評価を書いています。たまに批評・解説になっちゃっているところもあり。評判は一通り書いてからチェックしています。

【伊集院ツタヤレンタル】インセプション/パックンマックンのパックン

伊集院光の週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう!

その人が好きな映画を聞くってことはその人の中をのぞくこと。パックンという頭のいい人のフィールドの話を聞きに行くのに伊集院さんがウキウキしてます。

頭のいい人の話をそのまま聞くとちんぷんかんぷんになったり、知識や意識の差が出て話が通じず、お互いつまらなくなっちゃうけど、映画という具体的なテーマで同じ土俵に立てる。それがいい。

 

パックンはアルマゲドンが嫌い。でも議論はできる。頭から否定するのではなく、面白いと思った人の話を聞く。パックンは語ってくれたポイントがヒットしないらしい。

おんなじ感じで伊集院さんはアナと雪の女王が嫌いらしい。

 

 ----------週末これ借りよう編----------

1.時間がかかる映画。10年かかった映画。

穴がない。どうしても二回見てしまう映画。

映画が好きなゆえに矛盾や隙が嫌い。これはない。

2.お金がかかる映画。制作費は一億六千万ドル

夢は無限大。まっ平からパリの街並みが持ち上がる。

3.気力がかかる映画

一生懸命見る映画。なんとなく見るとつまらない。

 一週間で借りること!

 

阿部哲子’S EYE

これ借りようは聞き役に徹します。

 

映画と関係ないところ

 去年は20年後輩である厚切りジェイソンに乗っかったそうです。今年はそれを卒業したいらしい。

芸歴20年のパックンさまは「レオナルド・ディカプリオ」って言葉はちゃんとした発音ができるけど、日本のラジオ用に配慮して日本人用の発音が誰に言われるわけでもなくできるのだよ!

現実は出てきているのか?

ラストはトーテムが倒れそうになっているけど、、、、、長い。

トーテムって概念を使っているのはコブだけ。

奥さんが「現実に戻りたい」は奥さんではなく、コブが戻りたがっているのかも。

 

そして、映画ってなんだよ。って話

監督曰く「映画は夢」

生きているフィールド以外はすべて夢であり映画。

 

伊集院さんちの秘密の部屋

  1. そこには何が入っている?
  2. そこはどんな意味の部屋?
  3. そこにパックンがいるけど、何をしている?

3つめの質問は、すでに2階層目。

 

注目記事