読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画・舞台・DVDのネタバレ感想!

内容を知っている方だけどうぞ。ネタバレで感想や評価を書いています。たまに批評・解説になっちゃっているところもあり。評判は一通り書いてからチェックしています。

「骨髄バンク 命のつどい」で踊ってきました。/キレのないダンスを踊る芋洗坂係長が!

2016年4月「骨髄バンク 命のつどい」in 江戸川区総合文化センターで踊ってきました。

 

f:id:frederica2014:20160404102759j:plain

ステージ衣装と頂いたお花。

 

※この記事は100%独り言です。テンションの書いているので、いつもなら丁寧に説明する部分に説明を入れていません。

ダンスが楽しかったと生活の考え直しが 6:4ぐらいの内容です。

 

inochinotsudoi.com

当日・ステージにて

ダンス時間が短ったのですが、見に来てくれていた友達の評は”一番激しいダンス”。

 

練習中に最難関になっていたセネ・斜め一列もぴったりでした。

私はタッパのある大男なので基本的に端っこにいます。女性9人と踊れば、大男はどこにいても目立つからです。練習中は私の立ち位置だとカーテンと重なってチラチラと見えたり見えなかったりする状態になることあるかなぁと思ってたんですが、一通り客席から見える場所で踊れて何よりでした。

 

私たちのダンスのテーマは東京vs大阪でした。写真を見ていただけると分かりますが、私は大阪側。洗練された東京に対して、こてこてのお笑い側の大阪でした。

そんなわけで面白眼鏡をかけてました。舞台裏で子供たちの反応が楽しかったですよ。凝視してみたり、通り過ぎたらクスクスわらってみたり。こちらを見ないようにしてみたり。不思議なものを見るような目で見てきたり。

 

edogawa-bunkacenter.jp

場当たりは一週間前ぐらいでした。スーツのまま一度だけ躍らせてもらいました。その場当たりを録画していただいてあって、見たんですけどね。

そこにはキレのないダンスを踊る芋洗坂係長が!

www.youtube.com

 

 

部活:個人的に

最大の懸念点:本番一週間前から怖かったこと

こむら返りが怖かったんですよ。私は寝ているときにやらかすこむら返りは一日か二日は布団から出れなくなります。

知ってました?人は立ち上がろうとすると、足の筋肉をちょっと使うんですよ。立っているときもバランスをとるために筋肉使っているんですよ。私のこむら返りはその無意識な筋肉の使い方にも攣った部分が耐えきれないほどのダメージを負います。

ラスト一週間でこむら返り発生させるわけにはいきません!!!

 

そして日曜日、こむら返りを発生させずに起きることができました!ダンスに対する最大の懸念点が突破できたので、震えました(笑)

 

こむら返り対策でやってたこと

ストレッチ、風呂で足をマッサージする。

 

 

水を2リットル飲む。お茶やコーヒーは利尿効果があって逆効果。あくまで水。おかげで木・金は職場で20分に一度トイレに立ってました。

 

 

芍薬甘草湯を飲む。こむら返りに聞くということです。

 

ダイエット

練習が始まった1月からのダイエットは始めてました。三か月で25kg減。

一月はうまくいきましたが、二月の頭に風邪をひいて、気が付いたらグダグダに,,,orz

結果的に芋洗坂係長状態でステージに上がることになりました。

 

数年前に二か月で25kg落としたことがあります。職場まで20kmを自転車で往復していたら簡単に減りました。通勤経路が河川敷で信号もなければ自動車も気にすることなくかっ飛ばせたんだよね。

今はそんなことできる通勤経路じゃないんで自転車通勤ができません。

 

朝から体を動かすために職場近所のフィットネスクラブに入りましたが、どうも使い切れてません。

 

朝の運動ができなかった理由

ようするに朝が起きれないんですよ。起きれない理由は遅くまで起きているから。起きている理由は、、、、このブログのアクセス数が伸びたから。

二月頭に本ブログをこねたらアクセス数*1が伸びました。んで良作*2に恵まれてアクセスがワンランク上がりました。

今がブログに力を入れるとき!!練習が終わった後、大急ぎで映画館に向かったりしてたら朝はどうしても起きれなくなってしまいました。

 

部活:チーム

ダンスの発表会は今回が三回目です。同じ先生(というか私の先生は一人だけ)。前2回はメンバーの中に上手な人がいました。一度目はに二人で踊るパートがあり、二度目は先生がフリーとしていたところのフリを作ってくれました。師匠だと思ってます。頼りにしています。

今回の練習初日、師匠の姿はありませんでした。筆舌しがたい絶望感が私を襲いました(笑)

 

 

本番二日前、みんなの前でエース*3が一人で練習してたんですが、すっごくごめん!と思いました。

先生がたまにいう「体操になってる!」って言われてたんですが、ああ、私のは体操だ、、、、。彼女のはダンスだ、、、、、。

手を前に出すとき、私は「リズム:聴覚テスト」が 3:7のようです。”タイミングの音が出た時に手を出す”です。彼女は10:0でした。

体の真ん中をまっすぐ貫く体幹とインナーマッスルを持っていて、それの使い方を知っている気がする。美人さんだけど、それは生まれ持ったものだけで構成されるわけじゃないね。きれいな肩甲骨だよ。

彼女は私がほしいと思っているいくつかを持っているなぁ。

 

彼女が中央で、私は端が定位置。ほぼ絡みがないのですが、一瞬だけ彼女と連携します。形が固まったのは前日*4です。彼女の意見は、、、聞けなかった。私の腕を越えたことを要求されるのが怖くて。ちゃんと連携できてれば、もうちょっと早めに形が決まり、対角にいた男のパートナーと息を合わせる時間ができたのかね~。

 

 彼女が全力で踊れるレベルまでこちらを持ち上げられたらうれしいですが、いつになるのか、っていうか、持ち上げられるのか。

 

これから

長期間に何かに集中すると、それ以外のことに対する欲があふれて頭の中でリスト化されるのでそれの整理。(簡単に言えば「これが終わったら○○をやる!ってやつです」)

 

私にとってダンスは体を動かしていることの集大成になっています。

  • バーベル上げてほどよい筋肉を作り
  • ヨガをやって筋肉の奥にある筋肉まで動かして、
  • ステップ・エア・キックで体幹を意識し
  • 全て使ってダンスをする。

 

最優先

  1. このブログを厚く書く
  2. 朝、体を動かす
  3. 雑多ブログ(ダイエット・ダンス)を再開する
  4. アンドロイドアプリを作る
  5. セミナーに参加する

 

 優先

 

後回し

*1:映画タイトルを『』でくくり、数字をタイトルにいれる

*2:ちはやふる僕だけがいない街

*3:友達は先生と思ったらしい。

*4:結果的に”左斜め後ろに下がる”だけでした。それに気づくのに一か月。

注目記事