読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画・舞台・DVDのネタバレ感想!

内容を知っている方だけどうぞ。ネタバレで感想や評価を書いています。たまに批評・解説になっちゃっているところもあり。評判は一通り書いてからチェックしています。

映画『怒り』/妻夫木聡さんと綾野剛さんの全裸ベットシーン・槙親子(渡辺謙さん・宮崎あおいさん)が田代哲也(松山ケンイチさん)に求めた救い

映画

記事の前に

この記事は映画「怒り」の記事その2です。最初の記事はこちらにどうぞ

ネタバレしてます。犯人も書いてます。しかも犯人がどうでも良くなっています。

犯人の心理について考えたことは前の記事で書いてます。(面白半分に本記事でも書いてますが、犯人の心の流れは前の記事のほうがわかりやすいです。)

www.ikari-movie.com

 

 

テーマは震え

yahoo映画の感想で何人か書いていますが、鑑賞後は「怒り」はタイトルとして正しくないと思います。

この映画で描きたかったのは、親しい人が過去に殺人をしていたら?を描いたものです。

 

それが予告の最後に出てきます。

www.youtube.com

 

最後に表れた言葉は「あなたは、殺人犯ですか?」

何も知らなければ犯人探しのサスペンスものにぴったりな予告の最後ですが、実際は疑いたくはないが確かめざるを得ない葛藤を表現した一言です。

 

描かれているのは、大西直人(綾野剛さん)・田中信吾(森山未來さん)・田代哲也(松山ケンイチさん)の犯人候補ではありません。

槙 洋平(渡辺謙さん)・槙愛子(宮崎あおいさん)・藤田優馬(妻夫木聡さん)の犯人候補と親しくなったものたちの心理です。

なお、沖縄はまったく別の物語なので小宮山泉(広瀬すずさん)・知念辰也(佐久本宝さん)はミスリード役です。

 

決着としての犯人

物語なので事件を解決しなければならず、

テーマ・客寄せのフックに使ったからには、決着を付けなくてはなりません。

ですが犯人探しはそれほど重要ではありません。いや、重要ですが、「誰か?」ではなく物語の契機として重要なだけです。

 

だからこそ物語は犯人が死んだ後にも続き、見せ場や力強いシーンは犯人殺害後なんです。

 

犯人が分かって見れば、東京・千葉と沖縄は全くの物語でした。関東2つは魂が震えて共鳴していますが、沖縄はそこまでじゃなかった。

辰也や泉にとって田代は”周囲にいない大人”レベルで、魂をつかまれているわけではありませんでした。

 

東京にて

■<<藤田優馬(妻夫木聡さん)>>

価値観を共有できる相手を探すのも難しい世界で、ようやく見つけた相手だったんですが、、、、

 

ベッドシーン

ゲイが欲望を満たす場所。本当に実在するのかどうかさえも分かりません。

楽しむわけでもなく隅っこで丸くなっているのを見つけて無理やり体を広げさせる。

 

引き締まった二人の体が青白い光の中でくねくねしているのは、そっちの趣味やらBL好きの女子ではなくてもドキドキものですよ。

 

優馬が「メシでも食うか?」といったとき、どこに行くのかと思いました。まさかカウンターで並んで普通にラーメンを食べるとは。一気に私が知っている”日常”に入ってこられるとは思いませんでした。

 

このとき、優馬が何で直人を拾おうと思ったのか?単に体の相性が良かったとか、言いなりでついてくるからだろうなぁ。

相手が何か悩んでいるからとか、行く場所がなさそうだからじゃないよね。

心は開いてないけど従順だからだよね。

 

出会った場所は愛の渦に描かれていた乱○パーティみたいなものなのかな?それにしちゃ人数がめっちゃ多かったけど

movie-review.hatenablog.com

 

 

同じ墓に入るか?

優馬は伏し目がちな直人がかわいくて仕方がなくなっていきます。母が心を許し、優馬の中で直人の存在が大きくなっていくけど、引かれた線より入ってこない。自分がいない間もずっとマンションにいていいといったのは優馬のほうからでした。

 

母を見送り、優馬には直人しかいなくなってしまいます。そして、そばにいてくれるのがこいつでよかったと思います。

 

二人で安心して寝る

初めてあったときは激しかったですが、こっちは静かに見せられます。男が二人より重なって寝ている姿が妙に美しいですな。あのたるんでいないお尻!!

 

終の棲家。それは物質的なものだけじゃないかもしれないですね。穏やかな暮らし。

 

だからこそ薫(高畑充希さん)との密会を見てしまったとき、優馬の問い詰め方は遠慮がちでした。怒りよりも失いたくない気持ちのほうが上回ってました。

 

直人が帰ってきてくれません。電話にも出てくれません。「自分が拾ったはずなのに、自分は捨てられてしまった!」、、、違うか。もう「拾った」という感覚はなかったですね。「自分は捨てられてしまった」と自責していたでしょう。

 

そしてテレビが未解決事件特集を放送します。

時は動き出す

たまたま見ていたテレビで語っていた犯人の特徴が直人と一致し同じタイミングで警察からの電話。

このとき何を思ったか?間違っても「ピンと来たから警察に電話しなきゃ!」じゃなかったよね。

 

でも、最初に思いついたのは”身の保身”でした。

”探さなきゃ!”じゃなかったですね。事情を聞くでも身を隠させるわけでも、とにかく探さなくちゃ!とは思いませんでした。

どこかで震えているんじゃないかとさえも思いませんでした。

 

始めたのは身辺整理。直人がいた匂いと形跡を消し始めました。

書いてて気づきましたが、優馬が直人を拾った理由

 

このとき、優馬が何で直人を拾おうと思ったのか?単に体の相性が良かったとか、言いなりでついてくるからだろうなぁ。

相手が何か悩んでいるからとか、行く場所がなさそうだからじゃないよね。

心は開いてないけど従順だからだよね。

 

 

”自己中なやつ”と言うほど簡単なことではないですが、「三つ子の魂百まで」は当てはまりそうですね。

 

 

事件とは無関係と確定後

犯人が殺されたことを知り、喫茶店で薫から直人が自分を大事にしてくれていたことを知ります。

警察から電話が来たのなら直人が今際の際で呼んだのが自分の名前。直人が助けを求めた時、自分は身の保身しか考えが及ばなかった。

壊れますね。

 

 

千葉にて

■<<槙 愛子(宮崎あおいさん)>>

千葉フェーズは親子のどちらに焦点を当てるか難しいところですが、愛子のほうに当てて見ました。

 

キズモノのムスメ

愛子が精神的に壊れて家出して身を削っていた理由は、出てこないだろうなと早い段階で気づきはしました。

描きたかったのは、”壊れてしまった娘”というよりも”地元で孤立してしまった娘”だろうなと思いました。

 

実は、洋平 が一番娘を侮辱しているってのは言われるまで気付かなかったなぁ。

 

二人で安心して寝る

同棲をはじめて寝ている田代の顔を見ている愛子が幸せそうでした。

 

そしてテレビが未解決事件特集を放送します。

 

時は動き出す

この記事で一生懸命積み上げてきた文章をぶち壊すようですが「愛子は良い子でありアホです」

 

”人を殺したら償わなくてはならない”という道徳心と、”田代を失いたくない、うたがっちゃだめ、でも似てる!!”という気持ちと、”あいつが捕まらないようにしなくちゃ”という迷いに整合性がつかなくなり、どれにもフタをすることもできなくなってしまいました。

 

その葛藤が「人を殺したの?」と「違うなら午前中に帰ってきて」とかばんに忍び込ませた40万ですね。

 

結果、犯人ではなく、田代は帰ってきませんでした。

 

事件とは無関係と確定後

愛子が泣きじゃくります。自分のせいで失ってしまった幸せは後悔して後悔しきれるものではないでしょう。

いや、言い方が違うな。田代を傷つけてしまったこととと、田代を失ったことが悲しかったんだね。”失ってしまった幸せの後悔”ではないかも。だって「愛子は良い子でありアホです」だもの。東京の優馬とは違うところですね。*1

 

田代が東京から電話がかかってきたときに私は思いました。「帰ってこい」。迎えに行こうとは一切思いませんでした。

 

新幹線の中での顔は「この手を二度と放さない」の顔でいいんだよね?

 

 

沖縄にて

■<<おまけ:田中信吾(森山未來さん)>>

遊びで上の東京・千葉と同じような章立てをしていますが、ベクトルがまったく違います(笑)

目線が犯人目線です。

 

見つかっちゃった!

無人島に潜伏していたら、女子高生らしき子供がいました。殺すかと考えましたが、誰かと一緒に来ているようのでやめました。

プレッシャーをかけないようにかけないように注意しながら口止めをしました。

 

那覇の夜

泉たちの前に姿を現したのが、 偶然だったのか、二人のデートを追ってきたのかはわかりません。泉に見つかるように通り過ぎたのかねえ。

 

泉が親しげに接する田中に嫉妬し、大人なところを見せようとして辰也が酒につぶれました。酒に飲まれた勢いで泉が好きなことを叫びます。*2

 

田中は辰也がつぶれたのを見て見下したことでしょう。格下に格付けが決定しました。

 

一人でほくそえみながら寝る。

那覇から無人島に戻ってきたとき、うきうきだったろうな。あの「米兵は~」の落書きはその時に書いたものでしょうね。

その日はオ○ニーをしてニヤニヤしながら寝たことでしょう。

 

そしてテレビが未解決事件特集を放送します。

時は動き出す

動きませんでした(笑)。ご飯をよそっているおばちゃんがつけっぱなしのテレビと配膳している田中を見比べて「あれ?似て、、、、ないか?」と作業に戻りました。

 

 

事件の犯人と確定後

描きたいものとずれるとは思いますが、話をまとめるために必要でした。

 

でも私が前の記事でベストシーンに選んだのは沖縄のシーンですね。わたしもちゃんと描きたいものをくみ取れてなかったかな?

 

上映直後の記事

movie-review.hatenablog.com

 

*1:愛子と優馬を比べて、どちらが人として優れているとかそういうことではありません。個性やもののとらえ方の問題です。

*2:泉と田中は高校生だとは一言も言ってません。辰也が酒を飲んで酔いつぶれるから、10代と確定させずに年齢不詳にしておきたかったのかな。

注目記事