読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画・舞台・DVDのネタバレ感想!

内容を知っている方だけどうぞ。ネタバレで感想や評価を書いています。たまに批評・解説になっちゃっているところもあり。評判は一通り書いてからチェックしています。

映画『バースデーカード』感想/評価:70点/ママ(宮﨑あおいさん)が完璧すぎるだろ!

映画(テレビ会社制作) 映画 日本アカデミー賞

こんにちは。フレデリカです。

 

www.birthdaycard-movie.jp

 

 f:id:frederica2014:20170108155755p:plain第40回 日本アカデミー賞 優秀助演女優賞

映画『バースデーカード』の見どころポイント

  • ママ(宮崎あおいさん)と自分を比べて悩む紀子(橋本愛さん)
  • あくまで軸は紀子(橋本愛さん)。弟の正男(須賀健太さん)も主役を彩る一番近いわき役です。
  • テレビ会社制作の映画は安心して見れる。

 

では『バースデーカード』のネタバレ感想です

 

映画『バースデーカード』の評価は70/100

大好きなママは何でも教えてくれた。自分が後ろ向きになった時も下を向いた時も励まして隣にいてくれた。

 

10歳の誕生日、ママは二十歳になるまで私に手紙を送ってくれることを約束してくれた。

 今週はTOHOシネマズの1100円映画祭です。それに乗せられて今週三つ目ですが、一番面白かったです。

必ず及第点をたたき出すカテゴリ「テレビ会社制作」は伊達じゃないですな。

 

テレビ会社制作は安心して見れる一方でとびぬけた作品ではないだろうなと見始めます。ちょっと上昇に軌道修正しようかなと思ったところがいくつかありましたが、ママが完璧すぎて上げることができませんでした。

 

とびぬけた作品だったテレビ会社制作の映画

movie-review.hatenablog.com

中盤まで正男への手紙や正男の成長の方に引っ張られてました。正男は重要なファクターですが紀子を際立たせる立ち位置であり主人公にはならなかったね。

 

 

ママ(宮﨑あおいさん)が完璧すぎるだろ!

子供にとってママは何でも知っていて優しい存在です。とくに紀子のママは紀子の質問にも要望にも100%答えてくれました。話をするときはちゃんと目の高さを合わせてくれるんですよ。

だからこそ、クイズ大会の帰りに困らせてしまったことをずっと後悔するわけですが。

 

14歳の誕生日でキスの仕方が書いてあって口紅が入ってたのはドキドキしましたね(笑)

ここで将来の旦那とちょっとしたエピソードがあったのも見事でした。大人たちがちょっとだけ若いやつらの背中を押すのがかっこよかった。あんな大人になりたかったよ。(←表舞台は人に任せたいという逃げ根性を20%含んでます)

 

見事すぎてこなれすぎ感のあった映画。

movie-review.hatenablog.com

 

小豆島にて

17歳の紀子が小豆島でママの過去が始まった時、「嫌われ松子の一生」系が始まるのかなと思いました。

 

小豆島へ紀子に送り出したのは、親友に手紙を見せるためでした。修学旅行の時に一人で東京に行ってしまったことやその後にぎくしゃくしてしまったことに対する謝罪。それが一言で書いてありました。

 

だーかーらー、ママが完璧すぎるだろ!!ママが10代の時にバカをやっていたエピソードがあってもよかったんじゃないかなぁ、、、。いや、完璧の立ち位置から降りてきちゃったら、その後の展開が壊れちゃうかなぁ。。。。

 

新番組開始に緊張しすぎて、着替えるのを忘れてパジャマできちゃった二児の母

ameblo.jp

 

19歳の誕生日

完璧すぎるママから離れたいと思う紀子。14歳の時の口紅には身がよじれるほど喜んだくせに(笑)

そんなこんなで立石(中村蒼さん)と再会。

 

全てが集約されていくアタック25

全く気にしていなかったのにアタック25に全てが集約していくのが、おかしいとは思いませんでした。

アタック25の紀子が出る表舞台と立石の裏ミッション。それをすべてまとめた正男へのメッセージ。見事でした。

 

映画『バースデーカード』のCAST

鈴木紀子 - 橋本愛さん

eiga.com

鈴木芳恵 - 宮﨑あおいさん

 

完璧超人とは真逆の役です。

movie-review.hatenablog.com

鈴木宗一郎 - ユースケ・サンタマリアさん

www.cinemacafe.net

鈴木正男 - 須賀健太さん

 

ひっかきまわし役でした

movie-review.hatenablog.com

 

立石純 - 中村蒼さん

ameblo.jp

主題歌とサントラとか関連グッズ

主題歌 とサントラ

PUNKY【初回限定盤】

原作

バースデーカード (角川文庫)

俳優さん

橋本愛 写真集 『 あいの降るほし 』

宮崎あおい写真集 20TH ANNIVERSARY 「光」

ユースケ・サンタマリアのパラダイス・シアターwithパーマネント・モンキーズ 其の壱 [VHS]

ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」 [DVD]

蒼日和―中村蒼ファースト写真集

 

 

映画『バースデーカード』のまとめ

  1. 19歳の時に開けるか悩む紀子が好きです。
  2. アタック25出演時のミッションが好きです。
  3. テレビ会社制作の映画は安心して見れる。

 

映画『バースデーカード』のベストシーンとセリフシーン

ベストシーン

アタック25のエンディングで固まっているパパ(ユースケ・サンタマリアさん)

 

セリフシーン

結婚式当日に帰ってきた正雄の

「ちょぉぉぉぉっとまぁっっっっっっっっったー!」

家族の一大イベントに俺を忘れるな!!ってだけじゃなく、使命感を持って帰ってきました。ママの手紙にあったように頼れる存在になってました(笑)

というか、「大学をあきらめた→旅に出ちゃった→家族の有事(慶事)には駆け付けた。→重要な役目を果たす(手紙を渡す)」の流れがママの手紙にあった「頼れる存在」にギリ合格できるというバランスが見事でした。

 

映画『バースデーカード』の評判

3.7/5

yahoo映画より(2016.10.24現在)

 

ほめてます。静かな映画なので「盛り上がる部分がねえ!」という方々も。

「盛り上がる部分」はどこだろう?30分ずつ区切っても一つずつあった(祭りでキス妄想・小豆島でピンクレディーを見つける・いいところでのレストランで立石君ど緊張・アタック25でラストの問題とママとの思い出)と思うけど、やっぱり一番は結婚式の控室でママからベールをかけてもらうところじゃない?
 

タグ

監督:-𠮷田康弘さん-

俳優:-橋本愛さん-  -宮﨑あおいさん- -ユースケ・サンタマリアさん- -須賀健太さん- -中村蒼さん-


 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

注目記事