読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画・舞台・DVDのネタバレ感想!

内容を知っている方だけどうぞ。ネタバレで感想や評価を書いています。たまに批評・解説になっちゃっているところもあり。評判は一通り書いてからチェックしています。

映画『疾風ロンド』感想/評価:60点/ゴールデンスランバーを楽しめた人なら

こんにちは。フレデリカです。

 

www.shippu-rondo-movie.jp

 

映画『疾風ロンド』の見どころポイント

 

では『疾風ロンド』のネタバレ感想です

 

映画『疾風ロンド』の評価は60/100

偶然にバイオハザードのk-55を作ってしまった研究員を理不尽に解雇してしまった研究所の上司をしていた栗林(阿部寛さん)。

研究員はk-55を持ち去り、山中に埋め、3億円を要求してくる。しかし、研究員は交通事故で死んでしまう。

 

栗林はk-55を探すために野沢スキー場を訪れた。

 東野圭吾さんという当代きってのミステリー界の旗手だと思って見始めました。ただし、私は東野圭吾さんの作品を見たことがなかったのをすっかり忘れ、お笑いのないまじめ路線で極上ミステリーだと思い込み始めました。

しかしお笑い要素が多く、「そーいえば告知で阿部寛さんがへたくそにスキーを滑っていたなぁ」と思い始めました。

 

お笑い要素のおかげで展開が早いけど、お笑い要素のおかげで各エピソードが薄くなっているような気がする。

犯人がすぐさまで死んじゃっても飲み込めたのは、所長の卑怯さがコミカルなおかげで、世界観的にOKという雰囲気を作れたからです。物語のメインは犯人との駆け引きじゃないから、それはよかった。けど、その後も同じ感じなんだよね。

ちゃんと説明しようとすると画面的にだらけたりするところを、栗林のお笑いパートで省略やジョイントしてました。

だからテンポはよかったんだけどね。私の先入観の本格的なミステリーとはかけ離れていて、私の中で調整に時間がかかってしまいました。

 

ゴールデンスランバーは黒幕や真相は一切解明されませんでした。でも主人公の逃走劇を楽しく見れました。そんな感じで見ると楽しいかも。

 

 

ベタが超えられてない

人気作家の東野圭吾さんを信用して、ひっくり返してくると思ってました。そしたらまんまでした。

ぬいぐるみ

ホテルの玄関で発信機が反応した瞬間から、中学生が木からぬいぐるみをとって、女の子に挙げたんだろうなとすぐに思いました。

すぐに思ったので、観覧者の意識を女の子に持っておいて、「しまった、そっちか!」と驚かせてくれると思ったら、まんまでした。

 

高野のお母さん

板山中学生に恨みを持っているんじゃないかと周囲に思われていたために、K-55を持って行ったと予想された人。

違うんじゃないかなーと思ってたので、話の焦点がお母さんに当たり始めた時も緊迫しなかったんだよねー。

 

その後のトン汁配りはコメディ要素も相まって、何もないんだろうなと思ってしまいました。

息子が起こしかけて事件の元ネタ?

tocana.jp

 

秀人の冷蔵庫を見る

意味ありげに秀人が冷蔵庫を見るもんだkら、研究所にK-55に届かない!となった時に、渡してないんだろうなと冷めた目で見てしまいました。

 

トロールチームフェーズ

根津と千晶。wikipediaを見ると登場人物の順番で最初なんですが、原作では主人公?

 

映画の中で滑走感とかスピード感とかをすべて請け負った人たちでした。

 

中学生フェーズ

人物の関係性って秀人から始まって

秀人>>>>>育美>>>高野>高野母=高野兄

と思うんですが、

高野家族が前に出てきたときに何の違和感も感じませんでした。

高野家の事情も育美が説明しているだけなのにすんなり頭の中に入ってきてたしね。

一番「腕持っているなぁ」と感心したところです。

 

中間管理職フェーズ

この映画がコメディ要素があることの象徴の東郷所長。栗林の苦労を全く顧みずに酒飲んでたりマッサージ機に乗ってたり。

 

エピローグで興ざめ

エンディングの途中で差し込まれたのは最後に持ってこれないような内容だから?

黒幕的な立場の折口姉弟に明確な罰を与えたいのはわかるんだけど、

折口姉弟が偽装パスポートを使う必要はないし、

一回ぐらいはケースを開けて中を確認するだろうよ。

なんか、、、最後に罰と一笑いを入れようとして変になっちゃっている気がする。

 

公開初日舞台あいさつパブリックビューイング

阿部寛さん、大倉忠義さん、大島優子さん、ムロツヨシさん、志尊淳さん、濱田龍臣さん、吉田照幸さんが登壇されました.

 

大島優子さんが白シャツに黒ブラ。ムロツヨシさんありがとう!!

大島さんはこんな衣装でした。

http://img.eiga.k-img.com/images/buzz/61877/8c63379b4f4362e1/640.jpg?1480138899

大島優子、セクシー衣装に鼻の下のばすムロツヨシを一喝「チラッチラ見てんな」 - フォトギャラリー2 : 映画ニュース - 映画.com

 

ミスったのか?ってぐらいしっかりとブラジャーが見えてます。

ムロツヨシさんはマイクが回ってきたときに、いの一番にその件を突っ込んでました。

ありがとう!!気になっちゃって話が耳に入らなくなってくるところだったよ。

 

ムロツヨシさんの裏回し。アイドル二人のMC力は?

中心にいる阿部寛さんは俳優だから、登壇したときの会話は慣れていないかなぁと思ったんですが、大倉忠義さん・大島優子さんはコンサートのMCで慣れているんじゃないかと思ったんですけどね。すべてがムロツヨシさんに帰結していきました。

一人で会場を温めてました。

 

映画『疾風ロンド』のCAST

栗林和幸 - 阿部寛さん

ボケることによる話のジョイント担当。

足をねんざしてからはオタオタしているだけでした。

 

等身大の年齢役でした。親にはかっこつけます。

movie-review.hatenablog.com

栗林秀人 - 濱田龍臣さん

中学生側のジョイント役。こっちに全く興味ないくせにスキー場で声をかけてくるんじゃねーよ!って話ですよ。

 

伝説の雨宮長男(斎藤工さん)の幼いころの役でした

movie-review.hatenablog.com

根津昇平 - 大倉忠義さん

原作では主人公?

 

ドSイケメン上司です。

movie-review.hatenablog.com

瀬利千晶 - 大島優子さん

劇中のスノボの腕前もよかったですが、

白シャツの下に浮かぶ黒ブラに全部持っていかれましたw

 

価値観がない感じだったけど、ちゃんと自分の価値観を持っている役でした。

movie-review.hatenablog.com

折口真奈美 - 堀内敬子さん

彼女の行動理由が出てこなかったんだよねぇ。金がほしいってことだけ?

ついでに言えば、彼女が海外の研究所や政府機関とつながっているように思えないんですが、、、、。

小説では「字を読んで、風景を浮かべて、飲み込む」の三段階だから避けられたけど、

映画だと「風景を見て、バックボーンを浮かべて、飲み込む」とこちらの思考の流れがちょっと違うから小説と映画では使う頭のパーツが違うんですかね。

 

綾瀬はるかさんの先輩OLでした

movie-review.hatenablog.com

ワダハルオ - ムロツヨシさん

舞台あいさつで、ライブ慣れしているであろうアイドルと元アイドルをフォローしてたのが、印象的でした。

 

主催している劇団を恋愛禁止にしている理由は、、、、

movie-review.hatenablog.com

山崎育美 - 久保田紗友さん

かわいかったです。この映画で唯一私の推測通りじゃなかったところは

「育美が好きなのは同級生じゃなくて、そのお兄ちゃん」のところ。

飲み込めなくはなかったけど、そんなお兄ちゃんが好きな描写ってあったかなぁ、、、。

 

 

www.instagram.com

 

 

 

高野由美子 - 麻生祐未さん

それほど強いシーンがなかったのに、すごい存在感でした。

だからこそ、息子が過ちを犯す前に抱きしめたことにすごい説得力が出ました。

 

 

http://natalie.mu/media/eiga/1611/1125/extra/news_xlarge_shippurondo_20161125_03.jpg

高野誠也 - 志尊淳さん

 

オムニバスのべたべたな恋愛ドラマでした。

movie-review.hatenablog.com

高野裕紀 - 望月歩さん

ラスボスになりかけた人。普通にK-55を渡したのは、ちょっと拍子抜けしました。

 

みっごとなクソガキでした(笑)

movie-review.hatenablog.com

川端健太 - 前田旺志郎さん

K-55の前でナイフを首に充てられているときに騒いでた時は、ムロさんの「うるさい!」と心待ちにしてしまいました(笑)

 

 

東郷雅臣 - 柄本明さん

ずっと思ってたんだけど、偶発的にK-55ができちゃったんなら、しかるべき手続きを踏んで発表すればよかったんじゃないの?なんで隠したんだかわかんなかったよ。

 

フロント係 - 野間口徹さん

個人情報は教えないという杓子定規と深夜にコーヒーをもってくる心づかいがよかったです

 

 

 

 

主題歌とサントラとか関連グッズ

主題歌 とサントラ

原作

疾風ロンド (実業之日本社文庫)

監督さんと脚本さん

サラリーマンNEO 劇場版(笑) [DVD]

俳優さん

結婚できない男 Blu-ray BOX濱田龍臣パーソナルブック たつおみ。関ジャニ∞ リサイタル 2016 真夏の俺らは罪なヤツ【ご当地ストラップ 新潟】大倉忠義YUKO OSHIMA ×VOCE 2017 CALENDAR(壁掛け) (講談社カレンダー)PROTO STAR 久保田紗友 vol.2月刊麻生祐未 (SHINCHO MOOK)志尊淳ファースト写真集 (TOKYO NEWS MOOK)望月さんの恋文 (バンブーコミックス  COLORFUL SELECT)おかえり、はやぶさ柄本明「絶望」の授業―課外授業ようこそ先輩〈別冊〉 (別冊課外授業ようこそ先輩)

映画『疾風ロンド』のまとめ

  1. 展開の"疾風"を重視してて、私がぼやけている感じ。
  2. いわゆる小ネタをオムニバスで集めた感じ。
  3. かなり無理のある「正義は勝つ」

映画『疾風ロンド』のベストシーンとセリフシーン

ベストシーン

舞台挨拶のムロさんの裏回し

 

、、、、て、いうわけにはいかないので

 

雪の林の中の千晶とハルオの追いかけっこ

 

セリフシーン

ホテルの玄関でミハルに父親が言ったセリフ

スキーのうまいやつの背中を見ていると正しくうまくなる

後で使われていくんだろうなと思ってたら、本当にそのまま使われてました。

 

www.youtube.com

 

映画『疾風ロンド』の評判

4.3/5

4.366=262星/60件

 

yahoo映画より(2016.11.27現在)

 サスペンスパーツではなく、お笑いパーツ・スキーシーンパーツをほめている人たちがたくさん


 

タグ

監督:-吉田照幸さん- 

脚本:-ハセベバクシンオーさん- 

俳優:-阿部寛さん-  -濱田龍臣さん-  -大倉忠義さん-  -大島優子さん-  -堀内敬子さん-  -ムロツヨシさん-  -久保田紗友さん-  -麻生祐未さん-  -志尊淳さん-  -望月歩さん-  -前田旺志郎さん-  -柄本明さん-  -野間口徹さん- 

 

にほんブログ村 映画ブログへ
にほんブログ村

 

注目記事